英検1級合格への道 -はじめにー

2010年7月24日
本日、合格証明書が送付されてきました。
オンラインの発表で知っていたものの、
「本当に、受かったのかなあ?」と半信半疑。

すこしずつ実感に変わってきています。

今までに1次試験をかれこれ10年?ぐらい受け続けてきました。

最初は会場に行っただけで感激してました。
「やっとラインに立てた。」準1級合格からおそらく?2,3年ぐらいの時でした。

結果は勿論、「不合格C」
テストは当時まだ語彙問題が30問で、要約もあったかなあ?英作文は手紙文で、今と比べると随分簡単。

1級を受験すると、とにかく最初は「語彙」に圧倒されます。
私もぜんぜーん。わかりませんでした。語彙問題の英文さえ読めない。ううーん。ましてや、読解問題は手のつけようがない。

1次試験で「不合格B」まで行ったぐらいに、
子供を妊娠したので、気持ちがもうそっちに行ってしまい、
通っていた英語学校もやめて、「胎教」やお産関係の本を
読みまくるという生活に突入しました。

この状態が2年ぐらい続きました。その間は、胎教に始まり、早期教育に走りました。子供の「英語子育て」もやったりなんかして。

しかし、言葉って使わないとあっというまに忘れますね~。すっからかん。

子供が1歳が2歳ぐらいの頃、また昔に作った単語表を引っ張りだし、少しずつ、単語だけ始めました。

ここから約7年、私と英検1級の「死闘」?が始まります。

帰国子女でもなく、たいした留学経験もなく(数ヶ月の語学留学だけ)、兼業主婦をしながら、子供の習い事に追われながら、体調不良に悩みながら、(体力も、免疫力もどんどんなくなりますね。)何年もかけてやっと手にした英検1級。

同じような立場の方が、もし、「勉強、もうやめようかな。」と思ってらっしゃる時に、背中をおしてあげるようなことができたら嬉しいです。