ふっと救われる

今日もお越しいただきありがとうございます。怒涛の1週間が過ぎました。ああしんどかった。今日は寝坊しました。実は別に記事を用意しているんですが、なかなかできないです。ブログ書くなら授業の準備しろ状態でしたしね。

非常勤講師として教えていて、「ああ、しんど」と思うこともあります。あ、専任になったらもっと「しんど」と思うでしょうがね。夫は専任で週休0日の週も多い。行事やらクラブやら試合やら会議やらで土日ほとんど家にいません。せめて残業手当とかないのか?

中学。高校の非常勤講師って、若いお兄ちゃん、お姉ちゃんと時給が全く同じです。比べたいわけじゃないけれど、いくら内容を充実させても、生徒の成績を上げても万年同じ時給です。まあそれはちょっとした不満の一部であって、そこで悩んでるわけでもないですがね。私は非常勤でまあまあマルチプレーヤーなので、年齢や学歴などの壁を越えて(院卒、留学経験にこだわる学校もあります)採用されさえすればすごくお買い得と思われているようです。

ああ、しんどと思っても、救われる一瞬がフッとあります。

人間相手なので、生徒が一生懸命取り組んでくれる姿をみると、教室の外で起こったストレスが飛んじゃいます。

生徒のために頑張ってみようかなと思ってしまう。

夏に先生のための講習や研修をたくさん受けました。せっかく学んだことを授業に生かして生徒にいい授業を提供したい、自分の実力をあげて生徒の疑問に答えてあげたいと、今年の夏も自分なりに最大限の努力をしました。

2学期に入りました。

授業中に、真剣に取り組んだり、私の指示に従って問題を解いたり、質問してきたり、生徒同士で真剣にその問題について話し合ったりしているのを見ると、

ああ、よかった。と思います。今日の授業はまあまあうまくいったかもとかね。

でも、そんなことは実は滅多になくて、「今日はあそこを工夫すればよかった。あそこでこれを言ってあげればよかった」というのが常です。

でもうまくいったときと、生徒がすごく集中して取り組んで、その真剣な表情を見ると、

結果も大事だけど、この過程がいかに大事かを教えられます。生徒のその表情を見るのが大好きで、やってるときに「みんないい顔して勉強してるー。先生大好きー!」とつい言っちゃうので、うざいと思われていると思います(笑)

真剣な面持ちで取り組むその一瞬が大好き。

自分もそうでありたいといつも思います。

だから毎日、できるときにできることをやっているのかもしれません。

誰かから、何かから評価を受けるということを越えて。

世界で何が起こっているかを英語で聞いたり、スピーチをマネしてなんちゃって発音を練習したり、映画やドラマを英語だけの世界で堪能したり。小説の世界に浸ったり。

今入試問題を解いている私の生徒たち、そこから世界を知ることも多い。「面白い内容だった」という子もたくさんいます。

その気持ちを忘れないでほしいな。

人生はテストじゃないんだよ。

読んでいただきありがとうございました。

また一緒にがんばりましょうね!

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。