一人夏期講習 8月1週目終わり

今日もお越しいただきありがとうございます。8月も1週間が過ぎようとしています。英語やってますか?あ、これ久しぶりに使いましたね。旧ブログでよく使っていたような。

勉強はやっているつもりなんですが、自分の思うようにはやっぱり進みません。問題を解いて「お、できるじゃん」と思うと、次には「なんで間違えるんだ!」の繰り返しです。ふと、他の方のブログを読むと、「若いっていいなあ、すごい集中力であっと今に実力をつけている」と落ち込んだりね。

仕事で追い込まれなければここまで頑張れない。それは何度も書きました。今回も全く同じ状況に自分を追い込んでいます。思ったように勉強が進まないので、夏はいつもより時間があるから、ご褒美に英語読書や映画をたくさん見るんだという野望が・・・。全然そこまで至らないのが現状です。

夏休みなので、たまには主婦らしいこともしないといけませんしね。家族の好きなご飯を作ってあげたり、掃除を念入りにしたりとか、やってるようで、抜けている衣替えをしたりとか(汗)

仕事がある時よりリズムがとりにくいので、工夫が必要です。

でも、私の仕事は有給で季節の休みをいただける。だから長期休暇を有意義にしないとと思えます。感謝。1年契約で常に実力をつけておこうと思わせてくれるのも考えようによってはいいことと思わないといけないなと思いました。日本では正社員でないと、金銭的にもなかなか一人前じゃない女性の立場ですが、よく考えると、今の自分の立場は海外とかなら当たり前なのかなとも思ったりもします。

そうじゃなかったらずぼらな私はすぐに逃げてしまいそうです。

今週の勉強時間なんとかガンバリマシタ。私の脳みそでは時間をかけるしかすべがないですしね。

今週の目標

103%

目標  55 時間 00 

現在  56 時間 54 


スタプラでお友達に「英語オバケ」と言われた(笑)英語オバケ、結構気に入ってしまいましたー。バケラッタ。O次郎が好き♡

今週も講師の研修があったので、(毎週なにかしらレクチャーを受けている今日この頃)それもあったし、移動時間や家事をしているときは耳には必ず英語です。しかし、自分ではもっと机に向かってやる作業をしないととすごく焦る自分と向き合っています。

こんなにやっても思うようには伸びない自分に落ち込みそうになりながら、なんとか踏ん張っています。

でもこうやって踏ん張っている姿に励まされている人もいるんだと思うと、また踏みとどまることができています。あなたのおかげです。いつもありがとうございます。

このところ、たくさんの人のお話を聞く機会があります。

またいいお話を聞きました。

一人がなにかささいなことでもいいから、自ら動き出すことで、大きなうねりになっていく。

バタフライ効果

それは、自分が誰かをコントロールしようとしようとするのではなく、自ら動いた人を見て、他の人が自ら動く。そしてその輪が広がっていく。

もう一つたとえに出されたのが、「水を汲むこと」という言葉です。自ら水を汲むことが大事というお話でした。

聞いていて思い出したのが同僚のネイティブスピーカーの先生が言っていた言葉です。授業中に寝る生徒の話が発端でしたが、先生が「よく例えとして使われるんだけど、人を水飲み場にはつれていくことはできるけど、水を飲ますことはできない」

それを聞いたとき(英語だったんですが)数年前からブームのアドラーの本で引用されていた言葉と同じだと気が付きました。あれ、発売されてすぐに読んだんですが、いまだに本屋にありますねえ。共著のライターの人の書いた本もついでに読んだ覚えが。あ、話を戻すと、激しく同意して(笑)そこからいろんなことを話すことができて、いままであまり話しできてなかったその先生とちょっと距離が近づいたかなと嬉しくなりました。

私の拙ブログを読んでくださってる方で過去に取り上げた問題集をやり始めたと報告してくださった方がいらっしゃいました。英語読書ブログでも、読んだ本に興味を持って読んで下さる方もいる。読むきっかけを作ることができて嬉しい瞬間です。

おおげさかもしれないけど、これが水飲み場に連れていくことができて、自ら飲んでもらえるということかなと思いました。

これをやると合格する、この本を読みなさいと言わない。

自分が感動しても、勉強になっても、他の人にとっては自分と同じではない。自らが手に取って読んでみて、やってみてはじめて生きる。そこからはその人の水であって、私のものではない。

自分が水を汲むことでぶどう酒でなくても、何かが自分の中で変わります。

動き出すエネルギーはそこから生まれる。

できるときにできることを全力でやることで、また「頑張ってみます」という声が生まれる。

そこからまた私がエネルギーをもらっています。

一人ではできません。いつもともに頑張っているあなたがいるから私も頑張れます。

なんかグタグタ書いちゃいました。スミマセン。

読んでいただきありがとうございました。

また一緒に頑張りましょうね。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。