人生の中の英語

今日もお越しいただきありがとうございます。

7月に入ってこのあと夏休みがくると思うと心も少しは軽くなってる私です。でも耳しか空いてない日々が続いております(涙)せめて耳は英語モードで日々頑張っています!

前回の記事は映画、ドラマネタだったんですが、映画やドラマで検索してここに来られる方はあまりいらっしゃらないのもあるんですが、通常、映画、ドラマネタはあまり拍手をいただける数が少なめなんです。でも10拍手を超えてます。おお、嬉しいなあ。おもしろいコメントにふっと笑いをいただいたり、こころ温まったり。ありがとうございます。

今日はご本人が書いてもいいと言ってくださったので、交流のある一人の読者の方の話をしたいと思います。

もう何年になるか覚えていないんですが、読者のおひとりに尋常でない忙しさの中、英検1級を受験し続けてらっしゃる方がいらっしゃいます。たまにその方のことに触れることもあったと思います。英検が終わるといつも「angelさんお久しぶりです。受けてきました。1次、今回は○点足りませんでした」と教えてくださいます。

今回も5日間も職場に缶詰めになった状態で、徹夜が続く中での受験。若い皆さんが憧れる職業の一つについてらっしゃると思うのですが、大変なんだなあといつもお体を心配している私です。

3年以上は受験していらっしゃるので、10回は受験し続けられていると思います。

英語は直接関係ないかもしれないけど、学生時代から英語が大好きだったことを思い出して、再び英検1級を受けようと、時間のない中、通勤だけでもと日々努力を続けてらっしゃる姿に、私は何度助けられ、励まされたかしれません。

その方は私がブログのなかで書いた、夫が私に向けて「試験を受験している間は、英語と接してるんだからか、それだけでもいいんだよ」みたいなことを書いたと思うのですが、その言葉を胸に試験を受けたとメッセージをくださいました。

その方は言葉通り、勉強できてもできなくても、逃げずに試験を受け続け、できるときにできることをずっと続けてこられました。そしてじりじりと点数が上がってきているのです。ほんと素晴らしい。

言葉は人を動かします。そしてメッセージをくださったその方の言葉に私の心が動かされます。

目立たなくても、こうやって、人知れずすごい努力をしている人が実はあなたの隣にいるかもしれないんです。

見えないところで。

そこに心突き動かされて、今の私がいると思います。

そして、だれかの力になっていることを願いながらこれを書いています。力になったかどうかの結果ではなく、願うことが大事だと思っています。

悔しさも、落ち込みも、表面的な浅い思い、なにもかもを凌駕してくれる、何かしら心に湧いてくる力を信じたい。それは悪意の中では風前の灯火だけど、

実はそれほど力強いものもない。

私は英語まみれの人生を送っていますが(その割にはまだまだですが(笑))英語を人生の中心とは思っていません。

英語というフィルターを通して訪れてくれるものが大事だと思うに至りました。

英語で小説を読んで「ああ、違う国の人もこうやって人間関係に苦しんでいるんだ」と思える瞬間。映画を見て感動する。それが英語であっても感動できる喜び。その気持ちをもらったことを思い出してブログを書く日々です。

読んでくださった方が残してくださるコメントに心動かされて書く日々です。

成績が上がったり、試験に受かれば、もちろん喜んではくれるけど、それだけじゃない。情熱や、心から応援する気持ち。ふとした言動に「あの時ああやって言ってくれて救われた」ということのほうが大事だったりします。昨日もありました。久しぶりに会った今は教えていない生徒が「先生!先生に教えてもらいたい!」とハグしに私に向かって走ってきてくれることが私を突き動かします。

テストで疲れている人もいると思ます。でもね、それが人生の中心じゃないと思うと心が軽くなりませんか?逃げるとかでなく、今やっていることが試験を超えて、実はすごく大事なことを手に入れるためにやっていることなんだと思うと頑張る気持ちが湧いてきませんか?

それを手に入れる鍵は試験に受かることじゃなくて、受かるためにしている努力の中にあるんです。試験の合否に関係なく、やった努力が大事なんです。

苦しいかもしれないけど、あなたが今やっている努力が大事なんです。

今日登場したお友達も、それを知っているおひとりです。だから努力できる。また次の1次に向けて日々英語を読んだり聞いたりされています。そこから何かを得ることができることに気が付いて。

あなたの中に一瞬でも私の言葉が届く時、このブログが生かされた時です。それを重ねていくことが私にできること。

たくさんの方がいらっしゃって、たくさんの方が通り過ぎて行く。

それでも、

それを追うことなく、ここで誰かを励ますことができたらと思い書いています。

今日も私も頑張っています。また一緒に頑張りましょう。

読んでいただきありがとうございました。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。