英文をいろんな方法で読み込む

今日もお越しいただきありがとうございます。

ご質問がありました。この間書いた記事で生徒が私に向けて書いたコメントに書かれていたことですね。遅くなってすみません。

クラスでやるのと、個人でやるのはもちろん違いますが、一人でもいろんな方法で読むことはできますよね。最近の英語教材は1冊で何度も美味しい作りになっています。CDがつくのも当たり前。

それを利用すればいいと思います。

読み物としてまずよんで、今度はそれを聴く。小説を目で読んだものをaudiobookで聞いたのが私のaudiobook遍歴の始まりです。

学習用のものは英文が短いので、もっといろいろできますよね。

①読む
②聴く
③スラッシュ訳でもいいので、前から訳おろしてみる。対訳を見ながら英語を確認する。
④意味がわかったものを音読してみる。
⑤音声と同時に読む(サイマル読み。私は同時読みとよく書いています)
⑥英文を見ずにシャドウイングしてみる。
⑦英文を切って、リピートしてみる。
⑧ディクテーションしてみる。
⑨暗唱してみる

あ、順番にやれとかじゃないですよ。全部やれとかでもないです。私は暗記が苦手なので、音読で補ってるおばちゃんだし(笑)

要は頭に入ってくれればいいってことです。

これをドラマにも応用しています。以前は字幕なしで見ることが多かったのですが、

最近は英語字幕があればそれをつけて読む。そして次は映像なしで英語を聴きます。ドラマなら2回聴くことになります。字幕がないと耳がたよりなので、すごく英語が入ってくることに気が付きました。字幕のないのはなしで映像ありとなし2回にしています。それでも映像を見ている時より英語が確認できたりします。

私はながら族なので、あまり複雑でない仕事をしながらの時間が多いです。で、この方法でドラマを見だしたら、なかなかいいことに気が付きました。映像を見ながら2回という暇はちょっとないです(涙)

この間も書いたのですが、テストの過去問なんかも何度も解いてみても、読む方法はあると書きましたよね。例えば訳してみると、案外できなかったりします。全部は無理でもやってみてください。私は生徒には、たっぷりかつ迅速に英文を解説したあと、おもいっきり訳もさせますが、訳読の授業だけでは終わっていません。日本語訳を書かす時間はほとんど与えていません。

他にまた思いついたら書いてみますね。

いいアイデアがあったら、またシェアしましょう。

読んでいただきありがとうございました。

明日も頑張りましょうね!

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。