ながら族続行中

今日もお越しいただきありがとうございます。お元気でいらっしゃいますか?

自分にしては結構大きなテーマの連載を書いた後なので、今だ脱力感があるというか、忙しいというか。

前回「つくおき」生活が乱れつつあると書きましたが、子供の一言もあったんですが、

作り置き自体もできまへんがな(汗)仕事帰りの夫に弁当買ってきてもらった、悪徳主婦は私ですー。

この季節になると、またながら度が増える傾向にあります。

去年まではなかった仕事がいくつか増えてるのでよけいです。

4月から始めた新しい仕事と、誰とも組んでいない一人持ちのクラスのために、自分でテストも作るようになったので、どんくさい私はひいひい言ってます。賢い子たちがいるクラスなので、問題の難易度もかなり上げて作りました。慣れてないから、これまた時間がかかる(非常勤はテスト作りが回ってこない場合もある)かかる。何度も校正しても、やっぱりミスもでる(汗)

テストを作ると勉強になります。え?自分の読解のです。あつかっている教材も難関私立や国公立の2次レベルなので、なかなか手ごわい英文が並ぶんですが、自分で設問を作るので、深く読まざるを得ないからです。

普段ええ加減に前からざっと読む私にはいい機会だと思っています。生徒のおかげで自分のためにもなる。感謝。

で、そういうことをやっていると、どこまでも「まだ足りない私の力」となります。

英語をいろんな角度から勉強し続けて、それを還元する。それがある限りあんまりぶれないような気もします。

目の前にいる子供たちのために頑張れる。

前にも今読んでるTIMEやペーパーバックを持って「先生もこうやっていつも英語を読んでるよ」と見せたりもしていたんですが、この間、たまたま貸していて返ってきた易しめのペーパーバックをそのまま次の授業に持って行って、生徒に見せていいました。

「今先生と勉強しているのは精読を呼ばれるもの。先生はこの教科書を精読だけじゃなくて、音読したり、工夫していろんな方法で勉強してもらってる。でもね、まだまだ足りないんだよ。大学受験までにやっている英語の勉強量で英語が完成するとおもっちゃだめ。このペーパーバックを先生が読んだように、君たちもたくさん読んでほしい。難しいのも、易しいのももっと量をこなして、それを楽しんでほしい。大学受験のためだけでなく、英語を使えるようになってほしい」と言いました。

そういったあとにすぐにチャイムがなりました。挨拶をして廊下をでたら、一人の生徒が「angel先生!」と追いかけてきました。

「先生、この間からハリーポッターを読み始めんだ。でもすごく難しくてなかなか進まない」と言います。
小学生、中学生の時に日本語で読んで映画を何度も観てると確認して言いました。

「英語を読んでいるときに、日本語訳や映画からどこのシーンかわかるでしょ?それなら、あまり神経質に一字一句を辞書でひかなくてもいいよ。わからないなりに読み進みたい気持ちを大事にしてね。しんどくなったらやめてもいいんだよ」と伝えました。

私がよく、授業で出てくる英語から「あ、ハリーポッターでは」とか映画のワンシーンとかをとうろ覚えなりにも授業と関連づけて雑談をはさんだりします。宿題を渡すときには必ず”Use it well."と言って渡します(笑)(追記:ご質問があったので書きますね。ハリーがインビジブルコートをもらった時にメッセージに書いてあった言葉です。ダンブルドアが書いた文字通りの言葉で、翻訳本なら299ページにあります。)

普段からそうして接していたからか、ハリポタの本を手に取ってみてくれたようです。

その小さな小さな芽を大切にしたい。

もっと英語やろうと思ってほしい。テストだけじゃないんだって気づく子が一人でも増えてくれたらと思い毎日教壇に立っています。

彼らが英語を使えるようになる日を早めてあげるのが私の仕事。

そう思うとまたガンバロウと思えます。

だからながらでも頑張っています。今は採点しながら英語何時間も聞いています。

さて、仕事に戻ります(涙)

読んでいただきありがとうございました。

よい週末をお過ごしください。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。