低気圧に弱い

今日もお越しいただきありがとうございます。

なかなか更新できないのに、こうやって毎日来て下さりありがとうございます。

相変わらず伏せっておりました。

今回はいままででもかなりひどい貧血でふらふらになり、胃腸を荒らすのでやめていた鉄分をまた取ることにしました。胃腸に注意しながら鉄分取ってしばらくして少しましになってきたと思ったら、

またフラフラする。

今度は熱ででした。

でも根性で授業はやってきました。そのへんはプロ意識があるのだ。家はむちゃくちゃですが(笑)

ちょっと悲しいのは、授業を無理してやったあと、家に帰ると倒れこむ生活だったんですが、

授業でふらふらなのに、生徒に寝られるという事実です。思わずしんどくなった生徒が「保健室行っていいですか」と出て行ったので、「先生も保健室いっていいですか」と一緒に出口まで出て行って生徒に受けた。いや、ホンマに先生もしんどいけど頑張ってるんだよ。秋は行事が多いので一コマでも抜けると試験範囲まで間に合いません。

今回はホンマに引退をマジで考えました。でもそういう身分でもないので頑張らないといけません。フルタイムではないので子供に合わせて仕事ができるだけでもありがたいとは思っているんですが、それでもこのていたらく。なんとかしたいです。

それでも隙間で英語は細々と続けています。ふらふらで眠っていない時には英語聴いてました。

残念なのは、くらくらするので字があまり読めません。だからリーディングがどうしてもできない。自分に課したノルマがあるので、なんとか体が楽になったら追い上げたいと思っています。

どうも低気圧がくると体調も悪くなるような。

こんなんでは、試験の予定を入れてちゃんとできないなあと思います。ながらのルーティーンもなかなかできないんですからね。

こんなことを言うものもなんですが、40代に英検1級を取っておいてよかったと思います。本当は40歳までに取りたかったんですが、5年も遅れました。どんくさいですからね。45歳で1回目、49歳で2回目。私の体力では毎回受けるとかは無理だともう悟っているし、資格じゃないものにもともとフォーカスがあるので、できません。仕事しながらはもう無理かも。それに、英語の先生は資格持ってるだけではいい先生とも言えないし。

知り合いの方々で50歳代で取られてる方々もいる。特に女性の方で、仕事もしながら取ってる人は本当に偉いなあと思います。仕事してなくても50才を過ぎてで1級に受かるのは本当に努力されている結果だと思います。

試験はほんとにちゃっちゃとやっつけて、次のステージに早く進まれる方向がいいと実感しています。自分がやりたいと思ってることを。私は映画が観たかったり、英語で小説が楽しみたかったりなんですが、英検1級の力をはるかに超えるようなところももちろんありますからね。でも逆にそれだけをしていて試験にも受からないのも事実。違うと考えています。

調子が悪くなって寝込むのはしょっちゅうなんですが、そのたびに思うのは、家族の思いやりです。

洗濯物がしわくちゃでも、それでもありがたい。ごはんが何日もできなくても、お弁当が何日も作れなくても、やさしい明るい家族。毎日病院通いなのに、自分のことよりも娘のために孫のために来てくれる高齢の母。感謝してもしきれない。

小さな小さな存在だけど、私が寝込んで寝ているときに必ず体にくっついてまるくなってそばで寝ている愛犬。

それらが一番大事だとかみしめます。

細々と英語をやりながら、こうやって穏やかな気持ちになれることに感謝です。

そして、しんどくなってつぶやいてもいたわってくれるお友達の言葉にも感謝です。

これからも走ることはできないけど、

てくてく歩く私と一緒に英語楽しんでくださったら嬉しいです。

読んでいただきありがとうございました。

また頑張りましょうね。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。