一人夏期講習32日目 他の得意分野を作ろう

今日もお越しいただきありがとうございます。お見舞いのお言葉ありがとうございます。頭や肩にハンマーでたたかれてる感じがやっとぬけました。これからは温泉にできるだけ行ってリラックスしようと心に決めました。

コメントでのご質問に対するお返事を前回書かせていただいたんですが、お二人からご丁寧にお返事いただきありがとうございました。2,3質問があるってのがちょっとビビりました(笑)1級奮闘記、いやそれ以前も違うところで1年ぐらい書いていたので、おそらく6年ぐらいブログ書いてると思います。(前の記事をたまたま見たら、5年と書いていました。ええっと6年ですね。子供の齢を基準にしたり、いろいろするんですが、こんがらがります。こんなええ加減ですみません。)

その時々の思いで書いているので、矛盾ももちろんあるだろうし、英語の文法とかは間違っていたらすみませーん。あ、漢字の変換間違いなどはしょっちゅうです(汗)その他の間違いもいっぱい。お許しください。

質問いただいたら、お答えするか、それが間違っていたら訂正させていただきますね。

その他にもコメントいただきありがとうございます。お役に立てたら嬉しいです。

さて、自分の夏休みもあとほんの少しになりました。気が付くと仕事のことを考えている自分がいます。

どうも英語の勉強してると、勉強してるだけで、仕事につながっていないのがだめみたいなことを言う方もいらっしゃいます。まあ、それも一理ありますね。私の場合は英語を教えるのが仕事です。それを少しでも完璧にできればと、完璧でない自分に鞭打って頑張っています。この年でこんなこと言ってるのかとダメだしされそうですが、正直なところです。

もしもっと若かったら、もっと野心があったかもしれません。いやありました。挫折だらけで来てますからね。それと英語を教える以外に何かできたらともちろん私も思ってきました。

しかし、もう体がついて行ってないのもあるので、英語はかなり趣味に近くなりつつあります。

もし、まだ若くて、若いうちに英語力が付いているのなら、是非言いたいのが、

英語以外の得意分野を作ることです。

英語だけで食べていける人はほんの一握りです。

特に女性は仕事の形態を変えていかないといけない人が多いので、なおさらそう思います。生活にも、体にも変化が多い。

英語を極めて英語バカになるか、私のように、趣味に超突っ走ってしまうか(笑)趣味で食べていける人は実はほとんどいないとは思います。

それほど稼ぎがあるわけはないけど、理解のある家族にも恵まれて、英語を存分にさせてもらえる環境には感謝はしています。あ、そんなに食べていけてないから働いてるんですがね。1年契約で雇われようと思ったら、やっぱり拾ってもらえる光るものがないと、もうおばちゃんは道が閉ざされつつありますから、英語力も落とせない。勉強ばっかりしてと言われようが、勉強するわけです。ちょっとでもスキルあげとかないとね。

そう、英語だけだとやっぱり苦労もあるんです。ラッキーな人ももちろんいらっしゃるとは思います。

だから、何か別の得意分野と英語、その他の言語をかけ合わせるともっとチャンスは増えることは自明の理ですね。

それは早ければ早いほどいいと思います。

でも、私の知る限りでは、「英語を仕事」にしてなくても英語楽しんでる人はたくさんいらっしゃいます。私が書く駄文の読書日記や、映画について一緒にシェアしてくださる方も結構いらっしゃるんです。

楽しいからやっていても、仕事につなげたいからやっているでも、要はやりたいからやってるんですよね。

ここにはいろんな動機の方々がいらっしゃいます。皆が英語を使った仕事に就きたい、英検1級に受かりたいから具体的なことを知りたい、ばかりじゃないと思っています。

みんなひっくるめてその言葉(最近多言語の方も多いんですよね。すみません、つい英語、英語って書いちゃいますねえ)をその人の思う方向に突っ走るってのがいいと思うんです。

ということで、私も相変わらず突っ走っています。

無駄な走りもあるかもしれませんが、

でもそれを無駄にするかはどうかは自分次第です。

明日は週末、まとまった時間の取れる方は、普段やりにくい勉強集中してもいいし、リラックスしてもいい。

いい週末になりますように。

読んでいただきありがとうございました。


お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。