音読教材

今日もお越しいただきありがとうございます。なんか忙しいんだか、どうなんだかの一日でした。

仕事しながらpodcastも飽きてきて、最後はダウントンアビーを画面流さずに聞きながらやってました。耳だけだとかなりタフです(笑)このお話は
お屋敷やイギリス英語はとっても素敵なんですが、やっぱり唐突なところがあって、いじわるが多いのがちょっと苦手。

ふと画面見てメイドさんの一人が見たことあるなあと思ったんですが、ゲーム・オブ・スローンズでジョン・スノウの恋人役で出てた姉ちゃんじゃないかな。”You know nothing, John Snow."が決め台詞の。アクセントでもわかりますね。

仕事の合間に(あまりにも単調になってきて飽きるのです(涙))オンライン無料体験したんですが、フィリピンの先生はけっこう優秀だと思いました。会話の練習になったのはマル。セルビアの兄ちゃんよりプロフェッショナルだった。これだけ乱立してるから、成熟してきてるのかも。私はよほどでなければ訛りは気にしませんしね。その先生は「アメリカ英語に慣れてるからイギリス英語にはちょっと」と笑ってました。でも優秀な先生で気に入りました。

面白いので有名どころをもうちょっと無料体験してみたら、いい先生にあたって、超盛り上がってしまいました。初回はテストなんですがね(汗)映画の話からドラマの話になってGOTの話したら大うけして「もっと話したい!」と言ってもらえました。それもフィリピンの先生。優秀だなあ。やるなレアジョブ。レベルも認定されるんですね。へえ。

そうそう、タイトルに戻りますわ。

ご質問で

「書かれていた2年目に突入の本を教えてほしい」とありました。
私のやり方は「もっとも回り道コース」かもしれなくてもよければ参考にして下さいね。「最短で○○」とは正反対だと思います。すみません。その方は私が読んだPBを早速手に取ってくださったようで、嬉しい!お気に召してよかったです。こういうのがうれしい一瞬です。書いててよかった。

ああ、すみません。しょっちゅうUPしてるからみなさんご存じだとばかり思っていました。じゃあ、このへんでまた出しときますね。「またこれかよ」と思う人もいると思います(笑)

私は普段教壇に立つ身で竹岡先生のテキスト使い始めた時にこれを手に取ったのがきっかけです。一石二鳥なのだ。だって教科書に例文が問題として出てきてたし(笑)使いまわし。

でも、これが万人にベストだという言い方は私はしません。
1級を再受験しているときに何度もこの本に助けられたのも事実です。一方で、何人もの方々がこれらを手に取ってくださってるんですが、難しかったり、量が多かったりということもあるようです。受験英語プラスちょっと上の感じの内容ですがね。

もちろん万能ではないのもわかっています。

万能は構文集はあるのか?

でも、合わないのは悪いことでもなんでもなくて、ご自身にあったものをやるのが一番いい教材だということが言いたいだけです。人によっては違う構文集を手に取って音読されている方もいらっしゃいました。

ドラゴン・イングリッシュ基本英文100
よくばりに手を出す前はこれをやりました。いったんは覚えたけどなあ。この100の中とよくばりには重複があります。よくばり英作文の前身で、よりコンパクトな形だと思えばいいです。

随分前ですが、もともとはこれを音読したのが「文が大事」と思ったきっかけです。

上級じゃないですよ。初級や中級というのがみそですよ。前にも何度も書いてますね。

音読教材は、最近流行ってる音読の本だってなんだっていいと思いますよ。

昨日も書いたように、要は使いこなすことが大事だと思います。

これらは短文の音読ですね。

その他にも長文の音読もやっています。
今はこれ、今で4巡目に突入です。

去年から使い始めたのでこれも2年目突入です。いったん時間の関係でやめていましたが、4月から復活させて3巡目が終わり4巡目に途中です。これは車のなかで主にシャドウイング教材としてやっています。10回ぐらいがワンセット。というか、通勤の帰りはaudibleでなく、これをやることに決めています。ナビにCD入れっぱなしでリピート機能を使っています。

短文と長文の組み合わせで2冊。その他に単語集が1冊、計3冊がウィークディのノルマです。

でも、仕事が増えたので、5日間全部できるかというと、週によります。あんまり気にしてません。回数ももう数えてません。ルーティーンにしてしまえば気にならなくなってきます。家にいればカウンター利用できますが、たいてい耳しか空いてませんしね。

もともと音読はいろんなものを使用してきました。挙げるときりがないので、ブログを始めたぐらいからのものにしますね。これを使って毎日1スキッと30回とか音読していたこともあります。
でも毎月新しいものが出るので私には多すぎるし、内容に興味がわかなくなったのでやめました。それより1冊にもっと回数を使おうと作戦変更です。だから、以前にはビジネス英語をまとめた本をやったこともあります。
これを何週もしました。

そのあとは、ご存じこれを何週もやってました。

英検1級受けなおしてましたしね。1つの英文につき何十回も読んだような、英文によっては100回を超すものもあるかも。覚えてません。これとパス単で英検1級音読の1セットって感じでした。

音読はしてないけど、これはZ会のパクリです。これだと思うのですが。
私はこれは音読はしてないですが、教え子と何週もこれ読みました。基礎編、必修編、上級編とあります。

Z会がこの手の走りですね。いろいろ充実してますよ。長文対策も兼ねましょうというコンセプト。今後の受験英語は変わっていくので、それに対応しようとするものです。TOEFL対応とかのための本もあります。

これは家に見本がありますが、使ったことはないです。でもこのシリーズが一番新しいのでいいと思います。上級までそろっています。

 そのプロトタイプがこれ。これは音読はしてませんが、読み物として一人夏期講習で朝の読み物にしてました。これは上にあげた速読英単語上の位置づけだと思います。

私が読んでた時は手元にCDがなかったので音読教材にはしてません。国公立を受ける受験生にお勧めしたら実際に使ってる子がいました。

まだあるかもしれませんが、忘れてたらすみません。

要は「1冊を何回もやりこむ」がキーワードです。新しいものに次々を手を出さず最低3周はして値段の元をとりましょう(笑)新しいものを次々と買うのは著者が(出版社が?)儲かるだけで、あなたの英語力には貢献しません。

英文に関しては10回を3週とか、5週とか。短文なら1文を繰り返すか、私の様に一日一回読んで毎日読むとか。自分がとっつきやすい方法でやればいいと思います。

故國弘氏は中学校の教科書を500回音読したことに音読がはじまったんですよね。音読する内容は難しいだけがいいことではないとも思います。中学の教科書を実際に生徒に音読させたこともある私ですが、やっぱり基本は大事だと実感しました。

自分で書いといてなんですが、こんなにたくさん音読してたんですが、しかもこれだけじゃないんですよねえ(汗)
その割にいまだに「ええ加減派」しょってますがねえ。わはは。

一応さっきはレアジョブの最初のテストで一番上のレベルをもらえました。10ってやつ?誰でももらえるのかもしれません。すみません。あんまり参考にならないですね(汗)インタビューテストの途中で「もうあなたはアドバンスだとわかってるけど、全部やりましょう」と言ってくれたけど、間違いもあったなあ。まあ、相手の笑いをとったのがよかったのかも~。

いや、音読が効いてるって書かないとね。

さて、参考になりましてでしょうか。まただだっと書いてしまった(汗)仕事の合間にこれ打ったり、オンラインレッスン無料レッスン受けたり、ダウントン4話も聞いたりしながら仕事してました。

まだちょっと忙しいけどなんとか乗り切りたいです。

明日は週末ゆっくり休める人はゆうるりとお過ごしくださいね。私は休日出勤です(涙)

読んでいただきありがとうございました。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。