Kindle Paperwhite 第7世代解禁

今日もお越しいただきありがとうございます。エンタメも楽しんでくださる方々がいてやっぱりうれしいです♪「私もこれ見たいですー」みたいなコメントもいただけて、またまたうれしい。

昼寝さえなければもっと英語漬け生活ができるのになあとため息の私です。それとちょこちょこ教材作ってるのでやっぱり暇がない。今はセンター試験の過去問とにらめっこ中です。センター試験ははるか昔に物語文がなくなって、魅力を感じない私。→英語読書オタクだし。テスト中ぐらい生徒にうるうるさせてよお。うそうそ。でも、それぐらい彼らは本読まないんですよねえ。読む時間もない。あ、でも漫画は読んでるな。スマフォでゲームやLineする暇があったらせめて字読んでほしいなあ、若者よ。電車で本読んでる高校生みつけるとほっとする私です。単語集見てる子も多いですね。本手に持ってる子はたいていこのあたりの超進学校の制服着てます。国立行くような子しか本を読まなくなっているのだろうか、そうは思いたくないです。

でもあと少しで試験なので、授業自体はあとほんとに少しです。今年度はどうなることか思ったけど、あと少しで1学期が終わるんですねえ。早かったです。晩御飯もなんとか献立宅配のおかげで乗り切ました。好き嫌いの多い子供にはいまいち不評ですが、宅配のない時に好きなおかずをつくるので、かえってありがたいみを感じてくれます。「やっぱりママメニューがおいしい」となる(笑)いや、料理が上手とかではないですがね。

さて、今日は新しいKindle paperwhiteの解禁日です。我が家にも届きました~。

発売日に手にできるのはなんかうれしいですねえ。ハリポタ以来です。追記→Wifiのみと3Gつきは値段が違うのでご注意。

今読んでるのはこれ、50%を超えたところです。
古いkindleがまだなんとか復活して動いたのでなんとか隙間で読んでいたんですが、

辞書機能がフリーズしたり、押しぐあいでページがすごい先にいっちゃったり。スイッチ入れるとしばらく液晶が変だし。もう限界みたいな中で頑張ってました。それに、イアン・マキューアンを多読風に知らない単語も無視してタドキスト読みするにはちょっともったいないので、早速今日届いた新しいkindleに入れて読み始めました。サクサクでストレス軽減です。

気が付いた新しい機能はword wiserという機能です。読めないだろうと思われる単語に簡単な英語で言い換えたものが単語ごとについとります。

これ、読む人の語彙力に合わせてくれたらうれしいんですが(汗)

けっこううるさく感じるし、行間をとって1ページに入る字数が減ります。あまり小さくするのはおばちゃんの目には酷です。で、ページめくるのが忙しいのでいきなりオフにしました。もちろん他の作家の本では出てこないであろう単語のオンパレードなので、辞書機能は大活躍です。私はあんまり活用していないけど、調べた単語をあとでチェックする機能も少し進化しているようなことも聞きました。そうなるとword wiserは自分の知らない語彙の記録が残らないので、どうなんでしょう?

どちらにしろずぼらな私にはあまり関係ないかも~。→あとでほとんど活用していないええ加減派。

あとはちょっと画面がクリアに見えるような気がします。

耳読書のほうは停滞中です。こちらまだ聞いてます。

夜にお弁当を作らない日もでてきたので、ペースダウンです。それでも36時間中あと9時間ほどだと思います。ぜいぜい。1000ページ超えですからね。マスマーケットだと600ページだけど、きっと字がつまってるんでしょうねえ。昨日はケネディ議員が暗殺されました。ニクソンが登場です。ケン・フォレット先生の目を通した世界史のお勉強って感じです。いちいちのエッチシーンはご愛嬌(笑)トリロジーなので最後まで見届けるのだ。

耳読書に夢中になると、podcastの合計時間も合わせると何時間も英語聞いていたんですねえ。耳読書が一日2時間を切るとなんか聞いてない感があったりして。でも、あんまり耳によくないかも(汗)

昼寝ばかりしている印象の私ですが(汗)、一応週日はよほどのことがない限り、自分で課した英語のノルマをこなしております。亀のようにほそぼそとね。


読書日記がせっかくすこしずつ読者をふやしているのに、読書記録まで行き着かないどんくさい私です。くすん。

このところ、ヘビーリーダー(一回でかなりのページを読んでいかれる方)がよく来られるようになりました。またきてくれるかなあ。

ということで、なんとか今週も乗り切るぞ。

一緒に頑張りましょう!

読んでいただきありがとうございました。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。