あなたと私にエール

今日もお越しいただきありがとうございます。

私はしがないパートのおばちゃんです。今年はふんばってめずらしく週に5日仕事を入れました。一つは新しい学校。

ストレス溜まりまくり。

愚痴をいうより、そのエネルギーを英語に使おうと日々戦っています。だから週末はエンタメワールドでちょっと勉強ぽくなくなっています。もともと貧乏性でなかなかそればかりできない自分もいますが、それも大事なことだと思えるようになったのはうれしい。

しかし、自分のノルマを減らしてるわけでもありません。

逆に増やしました。

ノルマをちゃんとやることを自分に課しています。仕事で帰ってきてへとへとになった時、昼寝をするまえにかならず「この音読をやってから」とふんばります。

試験を受けていないからといって勉強していないわけでもないです。どれぐらいやっているかわからないぐらい英語漬けです。記録する時間もないほど。とかいいながらブログは書いてるな(汗)

「これをやりきろう」と自分に課したマラソンをひたすらコツコツやる日々です。隙間でも。
今までの自分を超えることをもう何年もやってきました。今年も同じ。できることをがんばるのみです。

走り切った時に何も待ってなくてももうできます。いままでもそうしてきたから。

今日も感じた「悔しさ」が私を突き動かしてくれます。

やる気のない生徒を動かすことは並大抵のことではありません。喉をからしながら、がんばって、報われなくても、

授業は熱意をもってやり続けるし、そこで自分に生じたマイナスのエネルギーはプラスに変えて勉強します。

あなたが頑張っていることは、きっとどこかで誰かが見ています。

不器用でも、要領が悪かろうが、なかなか苦手なことができなくても、実際に時間を惜しんで何かを進行形でやることが大事だと思っています。

私が知っています。あなたががんばっていることを。

だって一緒に頑張っているから。

悔しさも、あこがれもすべてばねにして、

一緒に頑張りましょう。

明日も頑張りましょう。マラソンです。

読んでいただきありがとうございました。

今からまたノルマ果たしてきまーす。


お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。