「聞き音読」についてチラ見してみました。

今日もお越しいただきありがとうございます。

先日新聞の広告で見つけた「聞き音読」について本屋さんでチェックしてみました。

これ、
お?ずっと「多読多聴」マガジンだと思っていました。逆なんだ。すいません。

昨日は都会に行かないといけなかったので、夜にテレビで話題になっていた「カフェ付、コンシェルジュ?つき本屋」に行ってちらっと読みました。ほんとは子供の本を買おうと思ってたんですが、子供の書籍はなかった。しかし夜9時前なのにすごい人でした。同じジャンルの本がまとめられていておしゃれなんですが、日本語の本に英語の本がまじっています。で、そんなに英語の雑誌や小説を読む日本人がここにたくさん現れるのか?とふと頭によぎったけど(笑)まあいいか。しかし、「ガーディアン」が1000円というのを見てちょっとのけぞりました。それならPB買うぞ。

上の本には「聞き音読とは、音読をする人が「○○回読んだ」と回数をこなす人がいますが、それを目指すのではありません」みたいなことを書いていました。

一つの短編をCDと同時にシンクロリーディング(私は「同時読み」とこれを読んでいます)して、音をCDに合わせて乗せていく作業を繰り返すことで、発音がものすごくよくなる。とも書いてあったような。

私は音を同時に乗せる重要性を「KHシステム」という本で学んでから、おそらく10年以上それを実践しています。それ以前、通勤で毎日「ヒアリングマラソン」とかの同じ音声を毎日繰り返し聞いてシャドウイングしているうちに、流れてくる音声と同時に言えるということを実際に体感して「これだ」と思っていたので、ますます拍車がかかりました。それを合わせると20年選手です(汗)いや、おばちゃんですからね。マネ歴長い。

発音はマネ、しかもそっくりそのままのマネに尽きるんじゃないかなとやっていてずっと思っています。

でも、その音を乗せようとおもったら、かなり読み込まないとできないので、「○○回読んだ」というのも必要じゃないかなと私は個人的には思っています。

たとえば、数年前にキャサリン妃のスピーチを100回ほど同時読みなどをしてブログで自分の音読を披露したこともありますが、(いやあ、今考えてもお恥ずかしい) 

回数必要だと思うんですが。

シンクロさせる作業以外にも、素読で「感情をこめて読む」というのもお気に入りです。

自分があたかももとからその文章を口からついて出ている感じで読むんです。その時に、

①母音、子音がちゃんとできているか、②抑揚はあるか、③リズムはあるかを意識しながらね。

どちらかというと、「演技している」感じです。口の動かしかたや、口の空き程度も日本語よりも大きめにやることをお忘れなく。

いろんなパターンで音読をやっていて思うのは、たとえば、「聞き音読」(同時読み)と素読シャドウイングの3つはそれぞれ使っている脳が微妙に違うような感覚です。もしくは向く意識が違います。

素読は文字依存が強いので、リーディングの力も同時につけていっているような気がします。なんとなく覚えるという意味では、素読するのが一番効果が高いかも。

それと全部そうですが、音読はかなり「スピーキング」の練習になるんじゃないかと思います。英会話習うのもいいと思うんですが、そこで出せる英語がなかったら意味ないから、インプットをする作業が話すときに生きてくるようにするということが大事かなと自分では思っています。

口動かす時間に比例して会話はできるようになってくると思います。アウトプットだけでは足りないと思います。アウトプットする倍、いや5倍、10倍インプットするのが私はいいと思ってやっています。

ちなみに私はもともと無精者なので、英会話は習ってないです。 

毎日同じ英文をひたすら読むことは、悪くないと思っています。単語と同じで、その英文の構造までまるまる自分に入れ込む作業は、自分が文を組み立てて話すときにしっかり生きてくると思います。ほぼ毎日かかさず本を1、2冊音読する作業を1年以上やっていての自分の感想です。

口について英文が出てくるのを待つ感じでやっています。いったん暗記もしたりもしたけど、とにかく口に出して1冊、一つの英文をコンスタントに読むことが長続きの秘訣かも。

最後にやっぱり大事なことを。

「流暢さ」よりも「中身」が大事だと思うのは変わりません。話す内容を持っていなかったら、話は続きませんからねえ。痛い目に何度もあった経験から書いているだけで、「発音信仰」すべてを否定するわけでもないんですがね。

ある程度の発音矯正はこの本に書いてある通りできるとは思います。大人になってからでも。

「ええ加減なんちゃってイギリス英語」でよければですよ。マネするのをアメリカにかえればなんちゃってアメリカ英語になるので、アメリカ英語みたいに話したい人はアメリカ英語ばっかりマネすればいいだけ。

こんな場末のおばちゃんの意見より、違う有名な人のところに行ってもらったほうがいいかも~。自分でやってみて感じた感想を書いているだけです。あしからず。

とまあ、また思うままに書いてみました。単純作業の仕事で疲れるとすぐこうやってだだっと書いてますね(汗)

今は早くこの仕事を終わってなんとか「エンタメ」するぞーと思ってやっています。

皆様はこの週末いかがお過ごしかな?充実した週末を過ごせますように!

読んでいただきありがとうございました。


お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。