大きな達成感は小さな達成感から

今日もお越しいただきありがとうございます。あっという間に12月ももう後半ですね。

やろうと思ったことがなかなかできない毎日です。

仕事が終わったかと思ったら、こんどは毎日のように仕事ででているよりも長時間いろんな用事に駆けずり回っている感じです。病院や歯医者に始まり、普段はなかなか行けなかった買い出しに行ったり。子供の塾も遠い方の校舎での授業が増えて、車の往復時間が長くなってます。 

お受験たけなわ。子供のお受験を経験している友人は、一人カラオケで精神状態を保ったそうです。

私はこれですね。

耳読書、audibleを聴いています。

あまりに移動が多いので、 昨日は短めのロマンスを1作品ほぼ聴き終わって、今朝ダウンロードしたaudibleは一日で4割終わってしまいました。でも、リスニングはこれ以外にもちゃんとpodcastを何度も聞いてからaudibleを聞くように自分にノルマを課しての上でです。

それぐらい、移動時間が多いということです。今日は子供を塾に送った往復は渋滞で倍の時間を費やしました。 

英語読書に関しては、今年は30冊が目標でした。

でも、33冊までいったので、いっそのこと35冊は行こうと思っています。今34冊目なので、行きますね。

ここのところ、50冊単位でした。1年で100冊に挑戦したときは、ほんとに読書漬け生活でした。

ある一線を超えると、ちょっと麻痺した感覚になります。
耳読書を数年前にはじめて、いったい何作品聴いたのか数えていないんですが、やっぱり麻痺した感覚があります。

一気に量を聞くとそれが体感できます。音が勝手に流れてきて、日本語に転換する時間がないので、

英語→英語の感覚が強くなるんじゃないかなと聞いていて思います。

まあだからなんだって感じですがね。

楽しいことが一番。

このあいだ、スタプラの目標を掲げてみました。私、目標に具体的なことは何も書いていなかったんです。

ふとお友達が以前に「洋書500冊を目指している」と記録に書いてらっしゃったのを思い出して、自分はだいたいトータルで何冊読んだのかこの間そこに書いてみました。

子供と読んだ英語絵本や、多読を始めた時に大量に読んだGraded Readerは抜いて数えてみました。それいれると何百冊もプラスになるので、ヤングアダルト以降のもので原書のみにします。でも、ブログを書く前の冊数は記憶に頼るしかないので、だいたいです。

今で270冊でした。

ということで、お友達を倣って、掲げました。

「英語読書500冊!」

あと約230冊。数年でできそうです。多分。来年には300冊はできそうだし。
でも、1年で100冊ベースはもう無理。今年のように試験をたくさん受けるとしわ寄せもきますしね。一応なんちゃって教師だし。本読んでるだけでは、福利厚生付きのパートのお仕事はもらえないので仕方ない。老後は仕事をせずに読書を楽しむのが小さな夢でもあるしなあ。(ちょっと目が心配ですが)

1年で数十冊の達成感をこんどは大きな達成感に。

要領が悪かろうが、収入に繋がらなくても(笑)、自分で「こんなことできないや」をいつの間にかすごい集中力で突破するエネルギーこそ大事じゃないかなと思います。

小さな達成感。ありますか?

それを一緒に積み上げていきましょう。

読んでいただきありがとうございました。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。