英文法が得意な日本人、世界で英語ができないと思われているのはなぜ?

今日もお越しいただきありがとうございます。いつも拍手やコメントありがとうございます。

常連さん以外にもコメントをいただけて本当に嬉しいです。そして皆さんににほんの少しでも勇気を持ってもらえる。それが私の原動力でもあります。一緒に頑張りましょう!

前回の続きです。あ、上のタイトルについて。

日本人は英文法得意ですね。得意なんですが、得意と思っている人があんまりいないです。私もその一人。まあ、英語の先生なので得意じゃないといけないから、奮闘しています。

実は世界の中でも日本人は文法が得意な方なんです。

でも
全般的に日本人は英語ができないのが世界での定説。わはは。ホントだもん。

それはなんででしょうかね。答えは簡単。

と、その前に。

書くきっかけを頂いたのはお友達です。 お一人は今アメリカで頑張ってらっしゃる私の姉さん。あ、お姉さんみたいな人という意味です。実の姉じゃないけど、姉みたいに勝手に慕っているいるだけです。学びはいつまでたっても始められる、続けられるを実践されている尊敬する人のひとり。日本にいたときは英語を指導されていた方で、今はアメリカで毎日「英語を話すのが、聞くのがー」と格闘されています。でもメールがなんだかアメリカンになってきたような気もしますヨ。

もうひとりの方はスタディプラスで毎日がんばってらっしゃる方。なかなか試験を受けたりできない状況で一生懸命取り組んでいらっしゃいます。英作文に毎日取り組んで、字幕なしで映画見たり、友人の英語ネイティブスピーカーとやり取りする日々を送っていらっしゃいます。ね?すごいでしょ?なのに、英語できないなんて思ってらっしゃるんですヨ。そんなことないない。

なんでそう思うか?とふと考えてみました。

ほんとに簡単ですね。日本人が英語ができない理由の一つは。

間違いを恐れているから。
 
昨日もちらっと書いたんですが、間違えることにかなり意識が向いている。それは私たち一人ひとりだけのせいじゃないです。そういう教育を受けてきたから仕方ない。みなさんかなりな完璧主義。何度も書くように「アメリカ英語~」「イギリス英語~」「ネイティブになる」となる。で、その勢い余って他人の英語や点数まで気にしてしまうのが悪い癖です。

TOEICの点数がひとり歩きするのを見ていてもわかるように、偏差値をはじめ、比較される社会で生きてきたゆえの結果。まあ点数ひとつで出世できるというのはある意味いいことでもあります。頑張ればできるという希望もありますね。

それと英語ができない理由はもう一つ、

アウトプットが少ないから。 あ、インプットも足りませんよ。

教壇に立って生徒の指導にあたるときにいつもどうやったら、英語を「使わせる」ことができるんだろう。大人数でもできることはないか、といつも自問しています。え?徹夜して考えてやれ?無理無理~。そんなワープアなことできまへん。もともと薄給のワープア状態だしぃ。第一そんなにレッスンプランにこだわっていたら、心に余裕のない先生になっちゃうから、即興で笑いが取れなくなって魅力半減だす。それにあんまり斬新なスタンドプレー的なことはできないんです。非常勤は専任の先生をサポートしなくちゃだめですしね。

ひとつけっこう優秀なクラスを担当しています。「明日までにこれ英語全部覚えておいで」というとほとんどの子が音読して覚えてきて、次の日にゲーム感覚で競争させてアクティビティをさせるとするっと言えちゃいます。こっちが日本語訳の冒頭を少し言っただけで英語が合唱で返ってきます。

テストをさせるとかなり平均点が高くて100点を取られないようにするのが一苦労です。

たまに授業の最初に"Guess what."「先生昨日なあ」とちょっとした小話を英語で生徒にします。英語だけどオチもちゃんとわかって笑っています。

でも、話せない。自由英作文を書かせてみると、テストで高得点をとる子でも「何が言いたいのだ?」という場合もあります。書けない。

ものすごく難しい入試問題を解ける人にだってあてはまりますね。もしかしてTOEIC高得点の大人の人にだって当てはまる場合もあるかも~。

インプットした言葉がまだ自分のものになっていないのはインプットが足りない証拠です。

そう、「テストで点がとれる」と「英語が使える」は別物です。

でもそれを分かっていない人が大半。教える先生だって分かっていない、または分かっていても大学に入れるためにはそんなこと言ってられない。テストで点取らせてなんぼですからね。生徒も親もそこが肝心だとも思っています。そのためには間違えちゃいけない。だから徹底的に正解を覚えさせる図式が成り立っているのです。

正確じゃないと英語じゃないみたいな勢いですよ。

そりゃ、正確さは必要です。専門の仕事になればなるほど。それがプロです。

でも日本で英語やってる人全員がプロじゃないし。いろんな目的があるはずです。プロになる人だけが英語やっていいなんて、英語は間違っちゃダメなんて法律ないんです。ないんですよー。

逆に間違えないと学びはないです。

この間、スタプラのお友達がご自身の英語が正しいのに、ネイティブスピーカーの人に正しい英語を間違った英語に添削されました。

これ、日本人がかなり文法に詳しい証拠でもあります。

それは学校英語で徹底的に文法をに詰め込まれるからです。それに命かけてるのかというぐらい時間かけて。それをしなくてはいけないのはちゃんと理由があって、日本語と英語がかけ離れすぎているので、その違いを埋めるために発達したもの。日本人が英語をマスターするのはかなり大変じゃないかなと思います。で、そのルールというのがけっこうゲームみたいで面白いのではまっていく子も多い。生徒にいつも「4択問題ばっかりやっててどうするの?英語の文読めー」と叫ぶ私です。

だから学校英語ではそこまでで時間切れな感じです。それでもまだ文法間違えますよね。そんなもんです。使わなければ忘れるのは当たり前だということを時々忘れている人いません?

それと、アメリカにいるお友達が教えてくださったことを書かせていただきます。留学生の中ではやっぱり聞いたり、話したりするのは日本人は圧倒的に不利。逆に他のアジアの学生はどんどこ話すそうです。

逆にペーパーテストをさせると日本人は圧倒的に有利。論理的な文が書けるという意味ではなく、「正しい英文」を書ける確率がかなり高いそうです。これは前から言われていますが、語学留学とかで最初のプレイスメンステストをすると日本人は結構上のレベルに入れられて、人によっては「何言われてるのかわからない、他の生徒はどんどん意見を言うけど、自分は話せない」状態になることが多いです。

日本人ほど文法を気にしている外国人はいないかも。動詞にsを付け忘れようが、She don't と言おうが、(実際に当たり前に使っている英語ネイティブスピーカーだっているんです。)とにかく口に出す。

現にアメリカにいらっしゃる姉さんは教えてもらっているアメリカ人より文法が詳しい時もあるようです。

だから、間違えを気にするより、自分が英語使う方に時間を費やす必要があると思いませんか?昨日も書いた「堂々と話していますか?小声になっていませんか?」というくだりはアメリカの姉さんが「もしかして自分が英語ができないと思い込んでいた理由はそこにあったかも」とものすごい気づきを書いてくださったことを復唱させてもらっただけです。これ皆さんでシェアする必要がありますよね。すごい気づき。

文法を知っているだけでは「英語が使える」とは言えません。

使ってなんぼです。

「正解でないといけない」というバリアを解き放つとき、階段をひとついや、10段階ぐらい一足飛びに高みに行っているはずです。

間違えるベーし。

え?アウトプットする場がない?あるじゃないですか。

故國弘先生も「只管朗読」(ひたすらろうどく)とおっしゃっていました。私たちがそれを継がないといけません。私が音読を始めたのはこの言葉を知る前からですが、音読がなければここまでこれなかったのは事実です。いやまだまだですがね。音読の効果で、黙読していても英文が脳内で勝手に聞こえてきて、こんどはそれが響くのを忘れる程のスピードで読めるようになることを私は体感しています。あ、昔の自分に比べての速度ですよ。自分が一番速いなんてもちろん思っておりません。

だから。自分にも言います。
さあ、ご一緒に。

音読すべーし。

読んでいただきありがとうございました。
来週は12月、今年もあとわずかですが、一緒に頑張りましょうね。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。