第194回TOEICアビメ

今日もお越しいただきありがとうございます。

TOEICのアビメというものが送られてきました。以前もUPした時に何をどう見ればいいのか教えていただいたんですが、だからといって見方をマスターしたかは別物。結局何をすればいいのかよくわからないですねえ。でも、しばらく受けないから、UPさせていたただきます。写真がイマイチですみません。
141127_1923~01

リスニングです。上から100、87、100、85 UPする意味ないかな。見えないですね。
141127_1923~02
課題は長めのリスニングというのはじゅうじゅうわかっています。「あ、これはこっちだ!」と消しゴムかけてたらリズムが切れること数回。問題をいくつもまるごと落とした結果です。80%台のものはpart3と4に集中してることも自覚しております。うーん、机に向かってやれってことだな。でもなかなかできないです。いつか受けるときの課題ですね。集中と瞬発力。

リーディングです。上から87、100、96、100、96です。
141127_1924~01
文法で落としてますね。たしか悩んだ問題がありました。語彙は「金のフレーズ」が効いたのかな?このところ思うのは、わたしにとっては、ダブルパッセージよりも曲者だなと思うのがpart7のシングルパッセージとpart6です。

リーディングは今までで一番点数がよかったです。ほんとにこれ以上は取れないんじゃないかなあと思います。もともと小説を読んだり聴いたりがメインで、新聞や雑誌すら読んでません。両方できれば尚良しですが、私には働きながら、仕事持って帰りながら、いちおうママで、何もかも中途半端なので、なかなかできまへん。

でもそれではいけないなあと思って、このところはニュースをpodcastで聞いて、世間にかろうじてついていっている状態です。でも、ニュースはたいてい悲惨な事件や悲しいことが中心なので、知ってそれについて問題意識を持つことはいいことだとは思いますが、残念ながら好きとはあんまり思えません。情報を入れてる感じ。ニュースを聞いてそれで英語で話をするときに話題ができますが、事件のことじゃなくて、特集している文化的なことで話が盛り上がることが多いです。

試験前には試験用の読み物、公式の問題しか解いていないです。

それから、part5に関しては普段から基本的な文法を教える立場なので、難易度がよほど高くない限り文法ではあまり迷いがないです。基本をしっかりさせてTOEIC色のあるものを攻略すれば450点は超えると思います。

ということは、試験用の問題を解き続ければ限りなく満点に近づくことは可能ではないかなと思いました。
それが一番近道じゃないかなと思いました。それはどの英語のテストに関しても共通するものですね。

あくまでも個人的な意見ですが、参考になれば幸いです。やっぱり私はTOEICkerにはなれないです。
試験を通して英語力を上げるのは賛成ですが、その試験だけで英語力が測れるかというと無理ですもんね。

というわけでどうしてもパッションがわいてこないです。私は期間限定でしかできません~。たったの2ヶ月弱でももうぐったりです。小説読んでるようには感動しないしなあ。

私の場合は英語での読書が非常に役にたっているので、やっぱり今のスタイルがいいかなあと思います。英語が学べて、感動できて、英語でそれについて語りあうのが楽しいです。同僚の先生と同じ本読んでるときや、英会話の先生と同じ本を読んでいたりすると、その話題だけでも、話してるとあっという間に時間が過ぎてしまいます。

試験をたてつづけに受けながらも、英語読書も抑え気味でも、止めずに目標の30冊行ったので、自分では非常に満足です。

試験の満点をとるためではなく、大好きな本を速く、深くわかるために英語勉強している。
自分の軸は今はそれだと思います。

あ、自分が英語教師だということが抜けてましたね。追記しとこっと。

今は耳読書が中心ですが、毎日18世紀のスコットランドにタイムスリップした気分です。ちとhotな部分も多いけど~。ワクワクしながら英語が学べるのはやっぱりやめられません。

では、子供のお迎えに行かなくっちゃ。帰ったらまた仕事です。くすん。

読んでいただきありがとうございました。
明日も頑張りましょうね!

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。