言文一致運動中?

今日もお越しいただきありがとうございます。だんだん寒くなってきましたね。お風邪などひかれてませんか?

我が家も少しずつですが、冬バージョンになりつつあります。今日は電気絨毯と電気ヒーターを出しました。わんこが早速ゴロゴロ寝ています。ガスの床暖もありますが、ガス代がすごいのでまずは電気絨毯で。以前はいっぺんにソファカバーやカーテンも変えていましたが、最近は出来る範囲ですこしずつ冬バージョンにしています。それに、すでに先月からは加湿器が大活躍してます。ポットがそのまま蒸気出してるようなもので、お手入れも楽でかなり強力です。受験生を抱える今、電気代もったいないなんて言ってられないですしね。

そうそう、コメント欄にびっしり書いてくださってるのは、お一人じゃないです。でもその中のお一人は海外なのでコメント欄使えないようです。せまいところにいつもすみません。でも嬉しいです。

毎日書いてたら、ランキングが上がってきてびっくりしました。そうなんだ。じゃあ、今日も書きます。短いのネ。やたらとはやりの散文的には書けませんが。え?更新しすぎ?すみません。

このブログもひっそりと始めたんですが、けっこう検索して来てくださる方も増えてきました。他の方のどのブログともリンク貼ってないので、以前のブログから引き続き来てくださっている方か、検索してそのまま読者になってくださってるかですね。

ありがたや。

私は他の方のブログでコメントを残させていただいていても、最近はリンク貼らずにしています。自分の中でそういう時代はもう過ぎたんだと思います。ブログもコメントを残してくださる方のところを中心に遊びに行かせていただいています。コメントも私が閉じているから、クローズドがあればそちらを選ぶことも多いです。 仮想空間が好きなような、苦手なようなアンビバレンスを持っています。なんのこっちゃ。人間ということですね。

しかしながら、 未だにこのブログより、以前の「1級奮闘記」の方が人気なんです。ちょっと苦笑。一瞬、読者数が旧ブログに勝っているとちょっと嬉しかったりする。そんなもんなんですね。ひっそりとはじめたくせに。

ライバルが過去の自分なのが気に入ってはいます。

でも今の状態が好きだったりもします。やっぱりアンビバな私です。略語使ってしもた・・・。

お気づきかもしれませんが、ブログを書くときに、なるべくですが、略語や絵文字を使わないように心がけています。心がけてるだけで、使ってますがね。旧ブログよりは新ブログのほうがそれを意識してるかなあ。ちょっとは読みやすい日本語になってくれてたらと毎日願って書いていますが、成長遅いおばちゃんです。

使うのは、

(笑) (涙) (嬉) と文字系のみ。一番頻度の高いのは (笑)ですね。少しでも柔らかみを出したいがため。

これも多用しないようにこれからしたいなあ。そうなると、たまに出る関西弁が出ちゃうかも。難しいですね。
言文一致運動すべきか、どうすべきか。こんな下手な文でも一応悩みながら書いてます。ちなみに「浮雲」はタイトルしか知りません。

さて、日本語云々はここまでにして、来週からまた英語徐々にやりたいなと思っています。ドラマを見るのを楽しみにしていたんですが、また猛烈に見たいのものが出てきました。

これ、

 原作はすでに2巻まで読んでいて、夏にドラマ化されたのをアメリカアマゾンで知ってからDVD待っていたら、日本で動画配信で見れることをスタディプラスの方から教えてもらいました。英語字幕がなくて、日本語字幕しかないのが残念ですが、字幕隠して見ることもやってみようかなと思っています。ついでに3巻からまた続きを読もうと思います。いや、audibleで聴くかな。1巻も面白かったけど、3巻以降が盛り上がるとも聞いてますしね。

ヒストリカルロマンスの金字塔的作品ですからね。予告見ただけでも「おお、English,Scotishアクセント」とワクワクしちゃいました。原作ではアクセントも売りです。スペルを変えて表現しています。

イギリス史大好き人間の私。ずいぶん抜け落ちてはいるものの、イギリス人の友人に「私よりイギリス史に詳しい」と言われるオタクです。このあたりの歴史は、他の本でもしょっちゅう出くわす時代なので、バックグランドは大丈夫。しかし、タイミング的になんだか、意図的なものを感じないでもないですね。独立運動のバックアップか?

とうことで、まずはお試しでHuluというのに入って先にこちらを見ようかと思っています。 

英語ネタがあるようなないようなですみません。結局短くないような気がします・・・。
どんどん趣味に走って、肝心の英語力がなくなっていっているような気がします。

読んでいただきありがとうございました。

明日は日曜日、ゆっくりお過ごしくださいね。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。