日本の夏、緊張の夏

今日もお越しいただきありがとうございます。お元気ですか?

私はこの時期はなんかバタバタしています。いやいつもバタバタしてますねえ。家にたくさん仕事を持ち帰って、今年はなんとか勉強時間を減らさないように維持しながらやっているので、(といっても耳しか空いてませんが、それでもやらないよりまし)なかなかブログまでこれません(涙)読書日記も3冊は貯めてるような気がするな。読書日記はこのあいだすごい読者数が増えた日があって、「お?読書日記もちょっと人気上昇?」と思ったら、一日でそれも終わっていました。まあ気楽でいいですがね。

今はなんでこれ書いてるかというと、

仕事に飽きてきた。1週間もやってると飽きてきた。今年は種類が多くって。

今日はかねてから書こうと思っていた、宣言をしようと思います。

去年から始めた、

一人夏期講習復活!です。

去年はスタディプラスはしていなかったので、ブログ中心だったんですが、今年は拠点を移してスタプラで。

で、angelさん、夏期講習って、あんたいつも夏期講習状態じゃん。と仲間のみなさんから言われそうですが(汗)

普段仕事でながらしかできない状態が続いているので、昨年のように本を何冊が集中して仕上げるということをやりたいと思います。それとまた8月にはDVD観たいです。

今でも英語に触れている時間はかなりなものだと思いますが、それを超えてみたいと思います。

でもこの夏は一番の中心は大事な大事な娘です。受験生です。

子供に言いました。「あなたが塾で勉強している時間は全てママも英語する。だから一緒に頑張ろう」
これもいつものことか(汗)

ということで、実はまだまだ授業はあるんですが、通常授業はないので、今から徐々に始めていきたいと思っています。あ、今の仕事が一区切りついたらね。

本格的にできるのは、7月末になりますが、去年の自分を超えることを目標にしたいです。

去年夏に集中して勉強したことは実はすごく自分の力になっていたんだと、あとになって気がつきました。

結果はすぐに出ません。コツコツと培ったことが1年ぐらいたって力になっている。氷山の一角ではなく、その下の部分の層が厚くなっている感じです。上から見ると代わり映えしないけど、例えば、英語を読んだり、見たり、聞いたりしている時に、いろいろな気づきがあります。前は気がつかなかった、「あ、この英文は実はあっている、間違っている。なんかおかしい」とかね。文法超詳しい夫にも物申す時もでてきたぞ。えへへ。(彼は一応超進学校の英語の先生)全部には無理ですが(笑)もともとええ加減派やし。気にしないしなあ。文法にとらわれすぎると罠に落ちますしね。もちろん文法は大事だけど、英語は言語で生き物みたいなもんですしね。中心には持ってこない方が英語はできるようになると思っています。どれも大事。

というわけで、7月いっぱいは「なんとなく夏期講習」状態で行きたいと思います。前向いていこう。→試験のことはもうどうでもよくなりつつある。不合格かも~。それだったら、夏期講習にまた英検入れないといけないな(汗)

では、仕事に戻ろうか、いや寝ます。明日は朝から子供が試験です。

読んでいただきありがとうございました。

一緒に頑張りましょうね。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。